triton,トライトン,トライトンワークセンター,オーダー家具,パイン家具,注文家具

オーダー家具、パイン家具、triton、トライトンワークセンターTOOLS

オーダー製作実例集

コンテンツ

HOME»  tritonトライトン 電動工具
トライトンワークセンターTWX7、ルーターテーブル、テーブルソー、triton  
電動工具シリーズ
 
 
トライトンワークセンターシステムTWX7の商品紹介、取り扱い説明、サポ^-ト、販売トライトンワークセンターやトライトン電動工具を当店で購入のお客様を対象に使用方法などの無料講習とサポートを行う販売店です。


現在ヨーロッパ仕様から日本仕様に変更を行いPSEなど国の安全基準に合わせ各種検査を行っている関係で
発売2019年春ごろを予定しています。

 
販売に向けて少しづつ紹介写真と説明を追加していきます。
triton電動工具 triton電動工具
学研の物づくりマガジン「ドゥーパ」でおなじみのプロの家具作家村上英敏がトライトンの開発会社イギリスの「パワーボックス社」と日本の輸入販売元「株式会社高儀」よりトライトンシリーズ製品の使用法などに関するデモンストレーターとテクニカルアドバイザーの認定を受け製品の説明、販売を行っていきます。


当店でご購入頂きましたお客様にはご購入後の不明点や操作方法などアフターフォローさせていただきます。
当店でご購入いただきましたお客様で希望の方にはご購入後にご来店いただければご購入いただいた商品点数に応じ15分~50分程度の使用方法などの無料講習をさせていただきます。
必ず当店会員登録してご購入ください。登録されませんとサポートを受けられない場合がありますのでご注意ください。

☆トライトン延長保証☆
保証書に記載のマイトライトンに購入日から6ヶ月以内に登録すると購入日から3年間の保証延長が受けられます。


 トライトンワークセンターシステムTWX7、triton
イギリスパワーボック社のサイモンさんがご来店ご一緒させていただきました。
tritonアンバサダーに就任いたしました。
tritonプランジルーター トライトンワークセンターTWX7、ルーターテーブル、テーブルソー、triton
triton plunge router

トライトンプランジルーター

〇1/2インチ(12.7mm)と12mmコレット だから使用できるビットの種類が多い
〇3.25馬力モーター で硬い木材の加工もゆとりのパワー
〇自動スピンドルロック はスイッチカバーが閉じている時だけロックする安全設計です。
〇ソフトスタート&無段変速 であらゆる種類のビットに応じて最適速度に調整出来る。
〇ボタン1つでプランジルーターから固定ベースルーターへ転換 するラック&ピニオン式高さ調整OK
〇マイクロワインダー はあらゆるプランジ位置で切削深さの微調整が可能
〇ラック&ピニオン式高さ調整とテーブルハイワインダー採用 でテーブル取り付け時の昇降機構を排除した設計
〇電子速度制御 があらゆる材質の加工材を高精度に加工出来る。
〇3段階タレット であらかじめ切削深さをセットしておける構造が標準装備。
〇ビット周りを完全に覆う大型安全ガード は切削部から作業者を最大限に保護し集塵を促進します。
〇多機能フェンス で手持ち作業や円形を切り出す時にコントロールが容易
〇取り付け用金具 でフェンスやルーターテーブル(RTA300)へ素早く取り付け&取り外し出来ます。
〇サイドの通気口 はルーターテーブルに取り付けて使用する時に粉塵がモーター内に入りにくい設計になっています。
〇ビット交換はスパナ1本で 自動スピンドルロックによりベースから簡単におこなえます。
〇安全スイッチカバー がビット交換時にロックされて誤始動を防ぎます。               
    

〇本体サイズ:長さ180mm幅300mm高さ310mm
〇プランジ幅:0~68mm
〇100V-50/60Hz・最大出力2400W
〇重量7.55Kg
〇コレットチャック 12.7mm・12mmが付属
tritonルーター 使用方法などの掲載記事・写真・文章・イラストなどの無断複写・転載などを禁じます。
著作権・知的財産権は有限会社ポプリに帰属します。

トライトンプランジルーター本体のスイッチになります

OFF状態では写真のように透明なスイッチにカバーで覆われてい
ます。
ビットの脱着時や交換時にはこの状態でプランジハンドルを回し
てルーター本体を一番下まで下げると回転軸にロックが自動的にかかります。
そのためスパナ1本で簡単にビットの脱着が行えます。
 tritonルーター  スイッチをONにするには透明なカバーの突起部分を押さえながらルーター本体の中へスライドインさせます。
スライドインさせると同時にオレンジのスイッチボタンをONの方に押してカチットロックさせます。
これでルーターはゆっくりと始動し始め次第に回転速度を上げていきます。
回転速度は8000回転から21000回転/分までビットの直径の大きさに合わせて選びます。
スピードコントロールはダイヤル1~5で回しながら選択できます。
 tritonルーター  プランジルーター本体を大きく上下させる時に使用するハンドルでハンドル内側のオレンジリングをブラックリングの方に引き寄せながら回します。
ほぞ穴などのような加工を行う時などにも使用します。
 tritonルーター  プランジルーター本体を微妙に上下させる時に使用します。
黒いダイヤル部分を回転させることでビットの切込み深さ調整を簡単に行う事が出来ます。
 tritonルーター  プランジルーター本体を上下させる時や上下させたく無い時にこのレバーを使用します。
レバーを回転させることでロックのON・OFF切り替えが出来ます。
  別売のトラックレールとトラックレールアダプターを購入すし使用すると更に色々な加工を行えます。

☆トライトンプランジルーターの購入はこちらから
triton電動工具オービタルサンダー  トライトンワークセンターTWX7、ルーターテーブル、テーブルソー、triton

 Orbital Sander

500W Geared Eccentric Orbital Sander

トライトンオービタルサンダー

〇パワフル500Wモーター&デュアルモードのサンダーで150m&125mm径バッキングパッド付きです。
〇可変速制御&研磨中の速度を維持する電子速度制御機能、効果的に集塵できる吸引式集塵ポート付き。
〇荒削りや仕上げ磨きなど加工の内容に応じてフリーランモードと固定オービットモードを簡単に選択でき、素早く正確なコントロールで作業できます。
〇バッキングパッドのブレーキが加工材に傷が付くのを防ぎます。
〇向きを調整できる補助ハンドルと振動を軽減するゴム製オーバーモールド成形グリップで快適な使い心地、安全性も向上しています。
〇収納用キャリーバッグ、サンディングディスク12枚、交換用カーボンブラシ付属。


〇本体サイズ:長さ470mm幅155mm高さ220mm
〇100V-50/60Hz・500W
〇重量2.9Kg

円形のサンディングペーパーをマジックテープ式で取り付けサンディングできる研磨機です。


電源スイッチをONにするとゆっくり回り始めるソフトスタート式の電子制御サンダーでスピードサンディングと仕上げサンディングの2種類のサンディングが切り替えレバーで選ぶことが出来ます。
回転速度は無段階変速でダイヤル式で簡単に速度調整できます。

 
 トライトンオービタルサンダー  使用方法などの掲載記事・写真・文章・イラストなどの無断複写・転載などを禁じます。
著作権・知的財産権は有限会社ポプリに帰属します。

補助ハンドルはハンドル部分にあるレバーのON・OFFでハンドルの位置や角度を変えることが出来ます。
 トライトンオービタルサンダー  写真のようにハンドルのレーバーを外側に引くと補助ハンドルのロックが解除されます。
 
 トライトンオービタルサンダー  写真のように左右に約90°作業し易い位置に移動でき角度も上下に若干動かす事が出来ます。
 トライトンオービタルサンダー  写真のレバーがモードセレクターとなっていて2種類のサンディング動作を選ぶことが出来ます。
右側に倒すと固定オービットモードとなります。
沢山の量を削る荒仕上に最適なサンディング動作となります。
 トライトンオービタルサンダー  モードセレクターレバーを左に倒すとフリーランモードとなります。
サンディングディスクの回転に加えパッキングパットが細かく回転することにより綺麗にサンディングを行う事が出来ます。
仕上げサンディングに最適なサンディング動作となります。
 
 トライトンオービタルサンダー  この位置にスピードコントロールのダイヤルがあります。
1~6までのダイヤル式で無負荷速度は2500~6400/分で
無段階変速で最適なスピードを選ぶことが出来ます。
 トライトンオービタルサンダー  ここがスイッチボタンになります。
前に押すとON後ろ側を押すと手前に戻りながらOFFになります。
 トライトンオービタルサンダー  仕上げモードをセレクトして木端面をサンディング作業してみました。
 トライトンオービタルサンダー  専用のマジックテープ式サンドペーパーは2種類の大きさがあります。
変えパッドとメッシュ式のサンドペーパーも発売の予定


☆トライトンオービタルサンダーの購入はこちらから
トライトンビスケットジョインター  トライトンワークセンターTWX7、ルーターテーブル、テーブルソー、triton

triton Biscuit Jointer

〇無負荷速度 10300回転/分
〇電圧 760W
〇サイズ 高さ145mm長さ460mm幅170mm
〇重量2.65Kg

パワフル600Wのビスケットジョインターで鋳造アルミニウム製のベースとフェンスおよびドライブハウジングを持つ頑丈な作り。素早く強固な木材の接合がおこなえ、家具や収納棚の制作に最適です。全金属ギア構造で長持ち。フェンスは角度0〜90°、高さ0〜40mmに調整可能。6段階の深さ設定が可能なタレットストップで様々なサイズの接合用ビスケットに対応します。蝶番で開けられるベースはカッターの交換やクリーニングが簡単。集塵ポート、絶縁ハンドル、ノンスリップパッドと取り外し可能なフェンス。カッター、ピンスパナ、六角棒スパナ、交換用カーボンブラシ、ダストバッグ付属、ビスケット75個(#0、#10、#20 各25個)が付属。
 トライトンビスケットジョインター  使用方法などの掲載記事・写真・文章・イラストなどの無断複写・転載などを禁じます。
著作権・知的財産権は有限会社ポプリに帰属します。

使用できるビスケットサイズは#0#10#20の3種類ビスケットの番号はそれぞれの表面に記されています。
 トライトンビスケットジョインター  ビスケットジョインター本体のビスケットサイズ変更はフェンスプレート後ろ側にあるダイヤルで行い行います。
各サイズの印があります。

 
 トライトンビスケットジョインター  ビスケットジョイントを加工したい材料の厚みに合わせてプレートを上下させます。
オレンジのツマミを緩め上下させて希望の位置でツマミを締め付けプレートの固定を行います。
 
 トライトンビスケットジョインター  写真は厚み18mmの木材をジョイントする場合にビスケットの加工穴が中央に来るように定規などでビスケットのブレード中央ラインに9mmになるように合わせています。
 トライトンビスケットジョインター これでセット完了。
厚み18mの木材中央に加工穴ができるようになっています。
全ての準備が出来たらビスケットジョイント穴を加工します。
私は上部のハンドルを持つよりプレートを押さえる方が安定した加工ができるので好きです。
 トライトンビスケットジョインター  ジョイントしたい木材どうしの加工した穴に接着剤を塗った専用のビスケットを挿入します。
 トライトンビスケットジョインター 接着剤が乾燥するまでクランプなどで締め付け圧着します。
ビスケットが塗った接着剤の水分を吸って膨張し強度の高い接合が可能になります。
 トライトンビスケットジョインター  長い木材を接合する場合には数か所加工します。
加工するビスケットの間隔は15cm以上開けた方が良いでしょう。
間隔が狭すぎると膨張したビスケット影響で木材に亀裂が入る可能性がありますので注意した方が良いでしょう。
 トライトンビスケットジョインター  隙間なく綺麗に接合できています。


☆トライトンビスケットジョインターの購入はこちらから
 
tritonダボジョインター  トライトンワークセンターTWX7、ルーターテーブル、テーブルソー、triton
Dowelling Jointer


トライトンダボジョインター

〇570Wのパワフルモーターでダボ接合用の2つの穴を32mm間隔で同時にあけることができ、家具や本棚等の制作に便利です。
〇作業に応じて0〜90°のあらゆる角度に自由に調整可能なフェンス付き。穴の深さは0〜38mmに素早く設定できます。
〇ラック&ピニオン式システムにより正確な高さ調整が可能。
〇細かいセッティングや作業を見やすい設計。
〇ビット交換用スパナを収納できるハンドル。
〇8mmドリルビット2本と丈夫な収納キャリーバッグが付属


角度調整幅0〜90°
切り込み深さ調整あり
ドリルビットの間隔32mm
穴あけ深さ0〜38mm
穴あけ高さ9〜43mm
集塵機能あり
材質 - 主要部1プラスチックとアルミニウム
無負荷速度14,000回転/分
電圧710W
高さ212mm
長さ345mm
重量2.99kg
幅154mm


 
 tritonルーターテーブル  使用方法などの掲載記事・写真・文章・イラストなどの無断複写・転載などを禁じます。
著作権・知的財産権は有限会社ポプリに帰属します。

ワークセンター中央部分のMDF作業台モジュールを取り外しルーターテーブルモジュールに入れ替えてルーターテーブルモードに変換した状態です。
 tritonルーターテーブル  写真はMDFの作業台モジュールを取り外しルーターテーブルモジュールを取り付けているところです。
片側を斜めに差し込むようにして持ち上がっている側をゆっくりと落とし込んで行きます。
 
 tritonルーターテーブル  持ち上がっていた側をゆっくりと落とし込んでから前項で紹介したように天板の両側にあるロックを内側にカチンとロックがかかった状態にします。
テーブルにフェンスを取り付けます。
 tritonルーターテーブル  フェンスを取り付けたらフェンスを固定ネジで軽く固定しテーブルにフェンスが直角になっているか確認します。
直角になっている場合にはそのままセーフティーカバーなどの取り付けを行います。
 tritonルーターテーブル  テーブルとフェンスが直角になっていない場合にはフェンスを一度取り外しフェンス底にある両脇の黒いプラスチックプレートにあるネジを回しフェンスに角度を付けることで直角になるように調整します。
このような調整ネジがあるのは大変便利です。
 
 tritonルーターテーブル  使用するビットの直径に合わせてオレンジ色のセンターリングを選び取り付けます。
周りの黒いテーブルと段差が出ないように六角ネジを回しながら高さを合わせていきます。
あとはフェザーボードやセイフティカバーなど必要に応じて取り付けルーターを上下させるリフター用ハンドルを天板上から専用穴に差し込みルーターと接続します。
これで準備完了です。
 tritonルーターテーブル  リフターのハンドルを回しルーターを一番上まで引き上げます。
この際にルーター本体の電源スイッチがOFFになっていないと上まで上がってきません(安全対策のため)
ルーターのコレットチャックに使用するビットを差し込み付属のスパナで締めつけ固定します。
電源スイッチがOFF状態で一番上までルーターが上がってくるとコレットチャックは自動的に軸がロックされるのでスパナ1本で簡単にビットを固定することが出来ます。
ビットが確実に装着できましたらビットの高さを希望の位置までリフターハンドルを回し下げてルーター本体の上げ下げ用ロックレバーでロックし作業中にビットの位置が変わらないように固定します。
 tritonルーターテーブル 次にフェンスの位置を調整します。
左右のフェンスと中央のビットのローラー部分が一直線になるようにフェンスの位置を合わせフェンスの位置を固定するノブ(長く黒い棒状)を回し仮止めします。
次にフェンス後ろ側にマイクロアジャスターをピッタリと付けて固定します。
先に仮止めしたフェンスの固定ノブを緩めマイクロアジャスター(オレンジと黒のダイヤル)の黒い部分を左右同時に右又は左に同じ量回し(白い線を見ながら)フェンスの位置を微調整します。
フェンスの位置が決まったらフェンスの方もロックノブで固定します。
これで加工準備が完了です。

 
 tritonルーターテーブル  フェザーボードなどを装着してワークセンター本体の電源スイッチをONにして材料の加工を行います。
ビットの直径のサイズに合わせてルーターのモーター回転速度を調整してください。
おおよその回転数は商品購入ページの説明に記載してあります。


☆ワークセンターシリーズの購入はこちらから

 
tritonプロジェクトソー  トライトンワークセンターTWX7、ルーターテーブル、テーブルソー、triton
Workcentre Systems PS001

 Router Table  Module TWX7PS001

トライトン、プロジェクトソー

トライトンワークセンターシステムをスライド丸鋸に変換するモジュールになります。
 
 tritonプロジェクトソー 使用方法などの掲載記事・写真・文章・イラストなどの無断複写・転載などを禁じます。
著作権・知的財産権は有限会社ポプリに帰属します。

 ワークセンター中央部分のMDF作業台モジュールを取り外しプロジェクトソーモジュールに入れ替えてスライド丸鋸モードに変換した状態です。
 tritonプロジェクトソー  写真はMDFの作業台モジュールを取り外しプロジェクトソールモジュールを取り付けているところです。
片側を斜めに差し込むようにして持ち上がっている側をゆっくりと落とし込んで行きます。
この際にマイターゲージフェンスをクロスカット又はストレートカットで使用する場所のみぞにあらかじめ入れておきます。
ワークセンターに組み込んだ後に入れることは出来ません。
 
 tritonプロジェクトソー  材料をクロスカットする場合には手前側の溝にマイターゲージ付きフェンスを入れ角度を90°にセット固定しフェンスに材料を置き固定してカットします。材料固定用のクランプが付属しています。
 
 tritonプロジェクトソー  ワークセンター本体の電源スイッチをONにします。
次に丸ノコ部分のハンドル右下にあるオレンジ色の丸いノブを引き上げ半回転させると丸ノコのロックが解除され前後にスライドさせることが出来るようになります。
丸ノコ本体のスイッチをONにしてはハンドルを持ち手前に引きながらカットします。一般的なスライド丸鋸は押してカットしますが、これは引きながらカットするので少し慣れるまで違和感があるかも知れません。
スライド丸鋸を初めて使う方には問題ないと思います。
引きながらカットするようにできているのには訳があります。
マイターゲージ付きフェンスを左の専用溝にセットするとテーブルソーのようにストレートカットすることが出来るのです。
そのために丸ノコの刃が手前向きになっているため引き切りになるのです。
tritonプロジェクトソーtritonプロジェクトソー   ストレートカットモード(縦切モード)にするにはクロスカットするときに引き上げたハンドル右下のオレンジ色の丸いノブを半回転させスライドバーにある丸ノコ固定用の穴に落とし込みます。(写真左)
 
 tritonプロジェクトソー  マイターゲージ付きフェンスを縦にセットすればテーブルソーのストレートカットと同じ加工をすることが出来ます。
ワークセンター本体に組み込まず単体としても使えるので現場などで場所をとらずクロスカットとストレートカットが出来るのは便利だと思う。
 tritonプロジェクトソー  写真のようにワークセンター本体に組み込まず単体でも使えるので出先や現場などでクロスカットとストレートカットやマイターカット0度~45度までの角度切が出来ます。
 tritonプロジェクトソー マイターゲージ付きフェンスは手前の三角ノブは角度を0度から45度まで希望の角度に設定し固定するためのノブです。
奥の三角ノブを占めるとマイターゲージ付きフェンスが固定され、緩めると前後に動かすことが出来ます。

 
 tritonプロジェクトソー  写真のように使うことが出来ます。
マイターゲージ付きフェンスは逆45度側に向けることも出来ます。


☆ワークセンターシリーズの購入はこちらから