オーダー家具製作、お洒落リフォーム、オシャレリフォーム、千葉県柏市、パイン材家具

オーダー家具、パイン家具、手作り家具、のポプリローカルファニチャー

オーダー製作実例集

コンテンツ

HOME»  トライトン電動工具»  ダボジョインター

ダボジョインター

2019年春頃発売予定 triton Dowelling Jointer 710W

現在の価格は日本発売予定価格になりますので発売開始時に多少前後することがございます。

トライトン ダボジョインター

直径8mmの木製ダボを使用し簡単に木材の板接ぎや各種接合を行う事が出来るダボ穴を加工する電動工具です。

加工できるダボ穴は直径8mm深さ0mmから約38mmまで目盛付きストッパーで簡単に調整することができます。
加工する木材の厚みに合わせて加工する穴の位置を目盛付きのダイヤルで簡単に合わせる事が出来ます。
基準となるフェンスプレートの底からドリルビットのセンターまで最短で約9mm最長で約43mmまで合わせる事が出来ます。
例えば最短の9mmにセットして木材の中心にダボ穴を加工すれば18mmの木材の中心にダボ穴が加工されることになります。
フェンス角度は0°~90°自由に設定できます。
ダボ穴は2か所同時に開けることができ2か所のダボ穴の間隔はダボ穴の中心から中心まで32mm間隔となっています。

〇本体サイズ:長さ470mm幅155mm高さ220mm
〇ダボ加工穴:直径8mm/深さ38mmまで。
〇100V-50/60Hz・570W
〇重量2.9Kg


☆当店代表取締役スーパートライトンマスター村上英敏の使用体験コメント

フェンスプレートの高さ調整は目盛付きダイヤルでドリルビットのセンターまで9mmから約43mmまで調整できるので厚み18mmほどの材から厚みのある角材まで対応できる。
ダボ穴の深さ調整も目盛付きのストッパーで簡単にセットでき、初心者でもセッティングに苦労する事はなさそうだ。
ただしビスケットジョインターに比べ横方向にクリアランスが無いため正確な墨付けやセンター出しが必要だ。
墨付けがずれたり墨線と加工位置が少しでもずれれば、その誤差は顕著に表れる。
横ずれや目違い(段差)が出来るのは墨付けや加工位置、加工操作が正確では無いためだ。
初心者が使いこなせるまでには時間がかかりそうだが、慣れればとても便利な電動工具だ。
取扱説明書に記載が無いので邪道かもしれないがドリルビットとを片方外せば1つ穴を加工することも出来る。
ドリルビットの取り付け取り外しは六角ネジで簡単だ。
別売で6mmのドリルビットの販売もあるようだ。




当店でご購入頂きましたお客様にはご購入後の不明点や操作方法などアフターフォローさせていただきます。
当店でご購入いただきましたお客様で希望の方にはご購入後にご来店いただければご購入いただいた商品点数に応じ15分~50分程度の使用方法などの無料講習をさせていただきます。



〇商品取り扱いの詳細はこちらからどうぞ!





 

関連商品